2018/07/25

PICK UP

洗剤を使用しない「環境に優しいパネル洗浄・マジックウォッシュ」

太陽光パネルの洗浄?

長く稼働している太陽光パネルには、ホコリや土など、様々な汚れが溜まっていきます。 溜まった汚れが影となり、発電効率の低下や、様々なトラブルの原因となります。



パネル洗浄はSolarPitにお任せ!

SolarPitでは、洗剤を使わず環境に優しい「マジックウォッシュ」で、お客様の太陽光発電所を守ります。

洗浄力の秘密は「ナノバブル」

マジックウォッシュは、各太陽光パネルメーカーの保証基準をすべてクリアした、特別な洗浄水です。 不純物のほとんど混じっていない、弱アルカリ性超純水マジックウォッシュを自社にて精製し、洗浄水として使用します。 マジックウォッシュの洗浄力の秘密は『ナノバブル』にあります。1μ㎜以下という極めて小さな気泡により、油汚れなども吸着してしっかりと落とします。 野菜も洗える、環境にやさしい洗浄水「マジックウォッシュ」を、ぜひご検討ください。

メーカー保証基準のクリア

ほとんどのメーカーでは、自社製パネルへの保証基準を定めています。 代表的なものでは、
  1. 洗剤の使用NG
  2. ブラシの使用NG
  3. 高圧洗浄機の使用NG
  4. 水道水や井戸水での洗い流しNG
等が挙げられます。

1.洗剤の使用NG

洗浄力だけを見て、強力な化学洗剤を使用してしまうと、洗い流すのに大量の水が必要となります。
洗浄後に水アカや洗剤の跡等が残ってしまったり、サビの発生を促進してしまうこともあり、洗浄の効果がはっきりと出ないケースが多く発生します。

また、大量の洗剤が地面に流れるため、周辺の環境への影響も懸念されます。



2.ブラシの使用NG

しつこい汚れに、ついブラシ等でゴシゴシと洗いたくなってしまうこともありますが、太陽光パネルにとっては致命的です。
太陽光パネルは生産段階でコーティング処理が施されており、ブラシでこする事によってコーティングが剥がれてしまうと、発電量やパネルの寿命に大きな影響を与えてしまいます。

また、洗浄作業に時間が掛かるため、費用の増加にもつながってきます。



3.高圧洗浄機の使用NG

高圧洗浄機は、ブラシ以上にパネルへのダメージが大きくなります。
大量の水も必要となるため、設置場所によっては水の運搬等の余分なコストも掛かってしまいます。



4.水道水や井戸水での洗い流しNG

洗浄後の洗い流しに大量の水を使用する場合、給水車の手配や人員の確保等、余分なコストが掛かります。
また、水道水に含まれるカルキや井戸水に混じっている不純物等で、洗浄後に跡が残ってしまったり、サビの発生や予期せぬ不具合の原因となる場合もあります。




パネル洗浄はマジックウォッシュで解決!

SolarPitの使用するマジックウォッシュは、不純物の混じっていない特別な精製水です。 洗剤を使用しないため、洗い流しの手間を省き、周辺の環境にも影響を与えない、画期的な洗浄水・マジックウォッシュを是非お試しください!

この記事をシェアする

オススメの記事

お問合せ・ご相談

産業用・住宅用太陽光発電のメンテナンス・トラブル・修理に関する
お問合せはタキマメンテへ!お気軽にご相談ください。